堺の弁護士・中小企業診断士 岸本行正のブログ

大阪府堺市で「堺みくに法律事務所」を経営する弁護士・中小企業診断士の岸本行正のブログです。

Nintendo Switchの不満な点をあえてあげてみる

甥っ子とポケモンをやるために、年末に開封したSwitch。

しばらく遊んでみて、ここが不満だな~と思う点を挙げてみました。

  • Bluetooth機器が使えない。
    Bluetoothキーボードは使えません。
    Bluetooth通信はしているそうなんですが、本体とコントローラーの通信だけに使われていて、周辺機器は接続できないそうです。
    キーボードを使いたいだけなら、ドックのUSBポートに挿せば使えます(USBドングル式のキーボードなら無線化も可能)。
    また、ワイヤレスイヤホンも使えません(別途トランスミッターが必要)。
  • USB Type-Cの機能が充電だけ。
    本体の底面にType-Cポートがあるのですが、Type-Cケーブル一本だけで充電も画面出力も、というわけにはいきません。
    画像出力もできれば、モニターとSwitchをType-Cケーブル一本だけで接続して、ACアダプタ不要の快適な環境ができるんですが。
  • テレビに出力したいならドック必須。
    テレビとはHDMIで接続するのですが、本体にはHDMIポートはありません。
    ドックとUSB Type-Cで接続し、ドックからHDMIで接続します。
    そのため、例えば、外出先のホテルのテレビ画面でプレイしたい場合は、ドックも一緒に持っていくことになります。意外とかさばる。
  • 本体だけで自立するが、急角度すぎて見づらい。
    申し訳程度の自立スタンドが付いていますが、SDカードスロットが丸見えになりますし、強度が不安なので使わない方がよいでしょう。スマホスタンドを使いましょう。
  • 当たり前だけどワイヤレス充電も不可。
    ここまで望むのはぜいたくですね。
  • リモートプレイも不可。
    PS4はできるのですが、ただ、Switchならそのまま持ち出せばいいかと。

とまあ不満はこのぐらいで、家ではテレビに接続でき、外出先ではそのまま持ち出してプレイ、Type-Cケーブルで充電可能なので外でもバッテリーさえあれば継続プレイ可能、となかなか便利です。

買って良かったです。