アップル好きのアラフォーの資格試験勉強ブログ

アップル製品と自作PCが大好物のアラフォーが、アップル製品と自作PCと資格試験の勉強記録をひたすら書いていくブログです

子ども用Chromebookに11インチMacBook Air

長女が小学校で使うためのChromebookを調達しようと、中古のMacBook Air(11インチ)を買いました。

support.apple.com

Mid 2012モデルの最廉価構成で、メモリは4GB、ストレージは64GBです。
MacOSのアップデートはとっくに切れていますし、BootCampでWin10を入れたとしても、まともに使うのは厳しいスペックです。

しかし、ChromeOS Flexなら話は別。
メモリは4GBで動きますし、最小ストレージは16GB以上あればOK。
そのため、メモリ4GB、ストレージ64GBのMacBook Airでも動きます。

それでいて、値段は1万円以下。
状態が悪いものを探せば5,000円以下も狙えると思います。

重さは1kgくらいなので、小学生の手でも持ち運びが可能。
11インチの少し小さいキーボードが、子どもにはちょうどいい大きさです。
むしろ、子どもの手を考えると、13インチMacBook Airのフルサイズキーボードは大きすぎると思います。

古くてもMacBook Airなので、見た目は申し分なし。
3万円~5万円もするChromebookなんて必要ありませんね。

ニューバランスのニューランニングシューズ購入

近所のヒマラヤで、定期的に売れ残りのサイズを在庫処分しています。

9,240円の20%オフになっていて、そこに会員限定1,000円引きセールをしていたので、6,392円で購入。
定価が12,100円なので、ほぼ半額ですね。

ニューバランスのシューズは初めて履くのですが、このモデルは入門用のジョギングシューズとして人気が高いようなので、ナイキのペガサス的な位置づけですね。

ペガサス41は16,500円にまで値上がりしていたので、なかなか手が出ませんね。
そういえば、このヒマラヤ、ペガサス40も在庫処分になっていたので、今度拾ってくることとしましょう。

自宅用PCにDeskmini

コンパクトでどこにでも置ける。

akiba-pc.watch.impress.co.jp

ミニPCもいいのですが、好きなだけメモリを積みたい、ストレージを積みたい、となるとベアボーンが最適です。

この記事の作例そのままで作ろうかなと思っています。

とはいえ、急ぎではないので、新型Ryzenが出てZen4世代が値下がりしてからでも遅くはなさそう。
一度作れば、長く使えそうな1台になりそうです。

新OS発表

手持ちのデバイスも影響を受けそう。

iphone-mania.jp

iPhoneはまさかの全機種続投。
2018年発売のiPhoneXSが、5回目のアップデートを提供されることになりました。
GoogleのPixelも5回のアップデートと7年のセキュリティアップデートを提供していますし、これに対抗したものと理解してよさそうです。

iPadは2018年以降の機種がアップデート対象です。
私の手持ちの10.5インチiPad Proは対象外になりました。
とはいえ、セキュリティアップデートは今後も提供されるでしょうから、まだまだ子どもの学習用として現役で使い倒せそうです。

Macは既にM1以降の機種しか現役で使っていないので、手持ちのMacはまだまだ心配なし。

Apple Watchは、Series 5がアップデート対象外になりました。
夜の寝るときにつけていたものなので影響はほとんどありませんが、製品自体の寿命が近づいてきたということでしょう。もうすぐ使い始めて丸5年です。

次世代OSが発表されたら、3か月後の9月には新型iPhoneの発表です。
いつもながら1年は早いなと思いつつ、今年はどのiPhoneを買おうか考えることにします。

siri大進化

2時から。

iphone-mania.jp

AIが流行する前からsiriは使われていましたが、いよいよアップルにもAIアシスタントが本格的に導入されるようです。

個人的には写真編集がsiriでできるようになるのは面白そうなポイントですね。
あとは、純正アプリ以外でも使えるようになれば、siriにLINEでメッセージを送るよう指示したり、メッセンジャーでメッセージを送るよう指示できるので仕事が捗りそうです。

最新OSの対象機種が何になるのかも注目ポイント。
iOS18では、順当にいけばiPhoneXS・XR世代が外れることになりそうですが、どうでしょうか。

中小企業診断士バッジの申請

前回に引き続いてバッジネタ。

中小企業診断士のバッジは、弁護士バッジと異なり、申請をしなければもらえません。
逆に、事務局で申請すれば即日もらえます。
正確には、もらえるのではなく、貸与ですけどね。

貸与なので、協会をやめるときや診断士登録を抹消するときは、返還する必要があります。
また、貸与品なので、紛失すると再度の貸与申請が必要となり、その際は3,300円がかかるそうです。
箱も含めてなくさないようにと言われました。

というわけで、診断士登録6年目にして、診断士バッジを借りてきました。
もう既に1回更新を済ませているわけですが、その間にバッジを付ける機会がなかっただけですけどね。

大阪府の協会の総会に、とある理由でバッジを付けていくことになったのですが、総会前日にギリギリで間に合いました。

弁護士バッジのネジのパーツの径は2.6ミリ

弁護士バッジ本体を紛失すると再発行申請が非常にめんどくさいことは良く知られていますが、ネジのパーツ(ナットのようなアレ)だけ紛失してもおとがめはありません。

ネジのパーツは弁護士会で申請すれば無料でもらえるらしいですが、それすらめんどくさい方は、ホームセンターでM2.6(太さ2.6ミリ)のナットを買えばOKです。

弁護士会がすぐ近くにあればよいのですが、私のように会館に行くだけで交通費がかかるような場合は、近くのホームセンターでナットが130円で売っているので、それを買った方が安いし早いです。

というわけで、ネジのパーツを紛失したので、職場近くのコーナンで2.6ミリのナットを買ってきました。
130円で10セットくらい入っています。

これでナットのパーツをなくし放題ですね。

Zen5が来る

7月発売。

pc.watch.impress.co.jp

今年こそは新PCを組もうと思ってたのですが、これで決定のようです。
注目すべきは、Ryzen7とRyzen5のTDPが105Wから65Wに引き下げられ、扱いやすくなっていること。
これにより、Intelの上位CPUでは必須だった水冷ではなく、空冷でも問題なく冷やせそうです。

今使っている自作PCの基幹システムは2019年12月に組んだもので、CPUを2020年に入れ替え、以降も小幅なアップデートをしてきたのですが、そろそろ古さが感じられるようになってきました。
ここらで新しく全部入れ替えにしたいと思っています。

問題は円安で、値段が恐ろしいことになってそうな気配がすることです。
Ryzen7 9700Xが7万円台とか・・・

ケンタが来る

7月オープン予定。

sakai-news.jp

今までこの場所はパスタ屋(その前は伊勢うどん屋、さらにその前は南海そば)とラーメン屋が営業していたのですが、2店ともに撤退してしまったので、後に何が入るのか注目していました。

そこになんとケンタッキーが。
うちの子どもたちも大好きです。
三国ヶ丘駅近辺はランチできる店が少なかったので、選択肢が増えてくれるのは嬉しいですね。

ただし、ケンタッキーアプリ。お前はダメだ。

iPad Pro実機を見てきた

近所の家電量販店で展示されていたので、触ってきました。

めちゃくちゃ薄いです。
本当に薄い。
アップルさんが言うだけあります。
13インチは折れそうなくらい薄いです。

実際、ちょっと力を加えてみました(←おい)が、ちょっとくらいの曲げ圧力ではビクともしないので、十分な強度は確保されていると思います。
心配な方は、スマートフォリオか、マジックキーボードを接続しましょう。

私のiPad Proの使い方としては、電子書籍や動画などのコンテンツビューアーと、ブラウジングが主なので、今使っている12.9インチiPad Proでも問題ないといえばありません。

ただ、あの薄さ・軽さはぜひとも持ち運びたい。
13インチでも十分に軽いです。

私の使い方は、スマートフォリオで持ち歩き、キーボードが必要になればHHKBを使って軽く済ませたいですね。

あとは、、、、値段が。