堺の弁護士・中小企業診断士 岸本行正のブログ

大阪府堺市で「堺みくに法律事務所」を経営する弁護士・中小企業診断士の岸本行正のブログです。

いよいよ明日は中小企業診断士2次筆記試験

ここまで来て、何よりも大切なのは平常心です。

昨年の試験では、私はこんなミスをやらかしています。

www.takipro.com

 

詳しくは読んでいただければ分かりますが、受験番号を書き間違えるという考えられないミスです。
でも、本番ではその考えられないミスをやっちゃうんです。

無事に乗り切れたからこそ今こうやってブログのネタにできているわけですが、もしこれで落ちていたら、二度と立ち上がれなかったでしょう(笑)

13インチWindowsノートはこれが最も欲しい

Windows機の13インチクラスだと、これがベスト。

pc.watch.impress.co.jp

 

おすすめは512GBのSSDを持つ最上位モデルです。下位モデルよりも重いのは、メモリ4GBが増設されている分のパーツ重量でしょう。
最上位モデルでも21万円と、MacBook Proよりも安いです。

ただし、最上位モデルでもメモリは8GBなのが不満点。BTOで16GBにもできるようにしてほしいところです。

13インチまでいくと、モバイル専用というよりは、自宅・会社・移動中とフルに使う「モバイルできるメインマシン」という使い方になると思うので、スペック的には妥協してほしくなかったところです。

あとは、Office365契約者用に、Officeなしモデルも用意してほしいですね。

いよいよ今週末は中小企業診断士2次筆記試験

8月の1次試験から、はや2ヶ月。
今年は、どんな事例が出るのでしょうか。
昨年は事例Ⅳが超難化しましたが、今年はどんな論点を聞いてくるでしょうか。

どんな問題が出ても浮き足立つことなく、平常心で4科目を乗り切った人だけが合格できる試験です。

大阪地区は、今年はあの大阪教育大学ではなく、大阪経済大学になるようです。
地下鉄今里筋線瑞光四丁目か、阪急の上新庄が最寄り駅です。
年のため、2ルートの行き方を準備しておきましょう。

私も、当日は受験生支援団体の一員として、会場の応援に行くつもりです。
このブログを見ている受験生がいたら(いるのか?)、会場前で私と握手!

Apple WatchでのiD払い環境

私は、Apple WatchにはSuicaと、ドコモDカードゴールドのiDを登録しています。

エクスプレスカードにSuicaを設定しているので、電車に乗るときはApple Watchだけで電車に乗れます。

このSuicaは電車代だけの精算用に使っているので、コンビニなどで買い物をするときは、iDで支払っています。

 

やり方は簡単。
リューズの下のボタンをダブルクリックすれば、Walletに登録されているカードが表示されるので、支払いたいカードに切り替えてリーダーにかざすだけ。

私の場合は、ダブルクリックすれば、まずエクスプレスカードに登録しているSuicaが出てきますが、スワイプしてDカードに切り替えて、リーダーにかざせば、iD払いが完了します。

 

これで、コンビニで買い物をするときは、スマホすら出さずに買い物が完結します。

…と言いたいところでしたが、ローソンで買い物をするときはDポイントカードを、ファミマで買い物をするときはTポイントカードを見せないといけないので、結局スマホは出さないといけないようです。

DポイントカードやTポイントカードのバーコードも、Apple Watchで表示できるようになればいいんですけどね。

大阪弁護士会の運動会に参加

10月14日(日)に、今年は長居公園で開催されていて、自宅から近いため行ってきました。

大阪弁護士会の運動会というのは、毎年この時期に、裁判所・検察庁と合同で開催されている、一種のレクリエーションです。

裁判所・検察庁の職員さんの参加者は、事務官さんも多く、若い事務官さんが集まっていると大学生のサークルのような若々しさがあります。

また、競技は子ども連れでの参加ができるものが多く、私たちのほかの弁護士も、ほとんどが家族連れの参加でした。

 

この日は快晴で10月中旬というのにかなり暑く、途中で抜け出して自然史博物館に行ってキノコ展の展示を見に行ってました。

最後にはお楽しみ抽選会があるのですが、参加者が多すぎるため、景品にはかすりもしませんでした(笑)

大阪弁護士会館での仕事環境

私の事務所は堺なので、大阪地裁(または簡裁、高裁)での仕事が1日に2件以上あると、その間に事務所に帰っている時間がありません。

例えば、13時に大阪地裁で裁判期日があり、その後、15時にまた別件の裁判期日がある、という日があるとします。
このとき、13時の期日が終わったからといって、堺の事務所に帰ったとしても、またすぐ出発しなければならず、時間(と電車賃)の無駄になります。

そんなときは、大阪弁護士会館13階の執務室を使って、出先でもできる仕事を消化しています。
執務室には、机と椅子とコートハンガーがあるので、パソコンを机に置いて、お茶を飲みながら仕事をするにはぴったりです。
電話も置いてあるのですが、この電話から外にかけたことはありません。

一人で仕事をするには十分な個人スペースがあるので、わざわざカフェなどに行く必要はなく、大阪地裁周辺で時間が余ったときは、いつも執務室に行っています。

なお、たまに、執務室で寝ている方もいらっしゃいます(笑)

大阪協会の秋の歓迎会に参加

大阪府中小企業診断協会のイベント、秋の歓迎会に参加してきました。

春は新歓フェスタ、秋は歓迎会ということで、この夏の実務補習を経て、診断士登録をした新人さんを歓迎する会ということのようです。

私も10月1日付けで登録されていたので、タイムリーなイベントに参加できました。

特に、私は7月と8月の実務補習に参加していたので、実務補習の指導員の先生や、一緒に実務補習を受けた戦友と久しぶりの再会となり、同窓会のような気分でした。

診断士登録をしても、こういった会に積極的に出ていなかければ、存在を知ってもらえないので、今後も協会のイベントには出席していくつもりです。

超ヒヤリハットに遭遇

心臓が止まるくらいのヒヤリハット、久しぶりにやってしまいました。

いつ以来か分かりませんが、近年で思い当たることといえば、昨年の中小企業診断士2次試験で、自分の受験番号を間違えて書いてしまったことくらいでしょうか。(この話は、また別の機会に書きます)

弁護士13年目ですが、まだまだミスをやらかしながら生きています。(さすがに初歩的なミスはなくなりましたが。)

 

ちなみに、そのヒヤリハットは、なんとか切り抜けることができました。

切り抜けてなかったら、こうしてネタにできてませんからね。

これから士業事務所のオフィスソフトは365で決まりかも

PCに詳しい人には、もう当たり前の情報かもしれませんが。

trendy.nikkeibp.co.jp

同時使用は5台までなので、6台目以降で使いたいとなれば、ライセンス管理をMicrosoftアカウントですることになります。

とりあえず使いそうなPC・タブレットに全部Officeをインストールしておいて、適宜使い分けることも可能なわけです。

私の場合は、
・事務所のデスクトップPC
・自宅のデスクトップPC
・事務所内モバイルに使っているMacBook Pro
・iPadPro10.5
にインストールします。

さらに、今後、モバイルノートパソコン(MacBook Pro2018モデルかSurfaceGO)を買う予定ですので、さらにもう1台使えます。

 

ただし、個人用のライセンスなので、複数人で使うことはライセンス違反となります。

たとえば、法律事務所だと、弁護士用のPCと、事務員用のPCにインストールして同時使用するということは、複数人で使っていることになるのでアウトでしょう。

年間使用料が必要になりますが、結局、複数台のPCにインストールするとなるとそれなりの費用が必要になることと、バージョンアップが不要でずっと最新のOfficeを使えることを考えると、これからは365を使う方がお得でしょう。

私は、Office2013を2つ、2010を1つ持っているので、当面は365を買わなくても問題ないですが、サポート期限が切れる頃には、新バージョンではなく365に移行しようと思っています。

中小企業診断士の業界団体って?

10月1日付けで中小企業診断士に登録されたものの、診断士らしい活動は何一つしていません。

弁護士は弁護士会という業界団体がありますが、診断士は各都道府県に、「診断協会」「診断士協会」といった団体があります。各都道府県の協会は一般社団法人ですが、名称の統一はされていないようです。

弁護士は各都道府県ごとに加入し、複数の協会に加入することはできませんが、診断士は、例えば大阪と京都など、自宅と職場のある都道府県の協会に加入する、ということができます。

もちろん、全く縁もゆかりもない協会に加入することもできますが、会費がかかりますし、協会の行事に参加したりすることを考えると、多少なりとも行事に参加できる都道府県の協会に加入する方がよいでしょう。

 

大阪には、協会とは別に「診断士会」という、独立系コンサルタントが主に加入する団体もあります。
より仕事に直結している団体とすれば、こちらになるでしょう。

また、協会は、診断士試験に合格していれば「準会員」という資格で加入できますが、診断士会は、診断士に登録していないと加入できません。

私は、大阪の協会にはすでに加入済みです(診断士合格後に加入)。
次は、診断士会に加入するつもりです。