堺の弁護士・中小企業診断士 岸本行正のブログ

大阪府堺市で「堺みくに法律事務所」を経営する弁護士・中小企業診断士の岸本行正のブログです。

2019年度 中小企業診断士2次試験雑感(事例Ⅳ)

今年もおつかれさまでした。

今回は事例Ⅳがかなり対応しやすい問題だったようですね。

問題はAASさんのサイトで拝見しました。

www.aas-clover.com

最初に連結財務諸表が出てきて「また連結かよ」と思いました(2017年以来2度目)が、やること自体はシンプルでした。

お決まりの経営分析から始まって、セグメント別のCVP計算、投資意思決定の計算、最後に論述問題。

意思決定会計講義ノートをしっかりとやっていれば、今年の計算問題は全答できているはずです。
2016年ほどではないですが、それ以来の易しい年といえそうです。

こういう易しい問題の場合、イージーミスをやってしまうと致命的になるので、それだけに疲れた頭で、いかにミスをしないかが重要になりますね。

ひとまずは、受験された方、合格発表までゆっくりお休みください。