堺の弁護士・中小企業診断士 岸本行正のブログ

大阪府堺市で「堺みくに法律事務所」を経営する弁護士・中小企業診断士の岸本行正のブログです。

情報処理安全確保支援士の試験おつかれさまでした

大阪電気通信大学で受けてきました。
他の高度試験も同じ会場だったので、大阪地区の高度試験の受験生が全て集められていたんでしょうね。

FEやAPのように多くの受験生がいるなら、会場もいくつか手配されるんでしょうけど、そもそも受験生が少ない高度試験だと、会場はひとつにまとめた方が効率的です。

というわけで、技術者のみなさんに混じって試験を受けてきました。
記念受験だったので、受けただけですけど。

受けてみた感想は、
・午前Ⅱ試験からだったけど、うろ覚えの箇所が多く、もう少しちゃんと勉強しておくべきだった。
・午後Ⅰと午後Ⅱは記述の分量が違うだけで、攻略法は同じ。
・ただし、午後Ⅰは2問を90分でやらないといけないので、時間不足に陥りやすい。
・反対に、午後Ⅱは落ち着いて取り組んでも余裕があった。知識のある人なら、余裕で途中退出できそう。

今回は「受けただけ」でしたが、きちんと取り組めばいけそうな気がしました。
知識面は、応用情報技術者にセキュリティ関係を上乗せするだけですので。

 

秋はITストラテジストを受けるつもりなので、支援士は来年春にリベンジです。