堺の弁護士・中小企業診断士 岸本行正のブログ

大阪府堺市で「堺みくに法律事務所」を経営する弁護士・中小企業診断士の岸本行正のブログです。

帰ってきたiPad Air

外見はほぼ10.5インチiPadPro。

pc.watch.impress.co.jp

旧モデルとなっていた10.5インチiPadProを終了させ、CPUをA12にしてAirの名前を冠した、というモデルです。

10.5インチiPadProで使えたスマートキーボードやApplePencilがそのまま使えます。
といっても、10.5インチiPadProを使っている人(私)が、これに買い替えることはありませんけどね。

iPad Airも、かなりお安くしてきています。
税別価格はWi-Fiモデルで64GBが54,800円、256GBが71,800円、セルラーモデルはプラス15,000円。

しかし、ここで強力なライバルが。
iPadの存在です。ApplePencilが使えて、少し画面が小さいだけのモデルが、32GBで39,800円。(そう、miniよりも安い)

初めてiPadを買いたいなら、このバーゲンプライスのiPadで決まりでしょう。
iPad Airがマッチするのは、スマートキーボードを使いたいというニーズです。
スマートキーボードを使わないなら、iPadで十分だと思います。

または、ApplePencilはそのまま持っておいて、今持っているiPadを売却し、iPad Airに買い替えるという方法なら、追加出費を抑えてアップデートできそうです。

 

私の場合は、10.5インチiPadProをずっと使っているので、iPad Airを買うことはないですね。