堺の弁護士・中小企業診断士 岸本行正のブログ

大阪府堺市で「堺みくに法律事務所」を経営する弁護士・中小企業診断士の岸本行正のブログです。

不正競争防止法の平成30年改正についての研究発表

今日は、大阪の有志の弁護士の研究会(電子商取引問題研究会)で、研究発表を行います。

電子商取引問題研究会は、大阪でIT関係の法務に関心のある弁護士による有志の勉強会です。いつも面白い企画をしていまして、5年ほど前には、大阪弁護士会館にホリエモンひろゆき氏を呼んで、座談会をニコ生で中継するなんていうこともやっていました。こんな企画、今では絶対に実現不可能ですよね(笑)

 

私は弁護士登録直後は大阪弁護士会所属だったので、この研究会に参加しており、和歌山弁護士会に移ってからも会員の籍だけは残していただいていました。

2016年に独立して大阪に戻ってきたので、また研究会に参加させていただくようになりまして、今月の発表担当にあたっていました。

 

研究会の2018年度後期のテーマは、不正競争防止法についてです。

前回発表部分は、不正競争防止法とITについての概論だったので、今回は、平成30年改正により不正競争の類型に創設された「限定提供データ」についてと、技術的制限手段の規制の強化について発表します。

というわけで、せっせとレジュメとスライドを作っています。(発表当日ですが・・・)