堺の弁護士・中小企業診断士 岸本行正のブログ

大阪府堺市で「堺みくに法律事務所」を経営する弁護士・中小企業診断士の岸本行正のブログです。

iPhone XS Maxレビュー「手の小さい人が持った場合のMaxのサイズ感」

私は男性の中でも手が小さい方なのですが、新iPhoneはXS Maxを買いました。

なぜかというと、①iPhone XSでは今まで使っていたiPhone Xとサイズが全く同じなので、目新らしさが全くないからということと、②有機ELで 6.5インチの大画面というのがどんなものなのか体験したかったから、ということです。

結論から言うと、「買ってよかった!大満足!」です。

 

まず、ホールド感について。

私は手が小さいといっても、手の腹(親指の根元の関節)と、中指・薬指の第一関節でホールドできたので、全く手に収まらないということはありませんでした。(Maxが出る前だったので、 iPhone 8 Plus のモックを試してみて大丈夫と思って買ったのですが結果的に問題ありませんでした。)

なお、ほとんどの人は iPhoneにケースをつけて運用すると思われますので、お店で触ったモックよりも、少しサイズアップすると思っていただいた方がよいでしょう。
私は薄型のTPU素材クリアケースをつけていますが、ホールド感は十分です。

 

次に、200gという重量について。

ずっしりとくることは確かですが、 iPhone Xの塊感のある重さに比べると、筐体が大きいこともあってか、数字ほどの重さは感じません。

 

そして、お目当ての大画面。

iPhone Xと同じ有機ELのはずですが、なぜか iPhone Xの画面よりきれいに見えます。これは思い込みかも?

なんといっても没入感がすごいです。電子書籍でも、コミックなら1ページずつ表示させれば問題なく読めます。コミック、動画、ゲームと、いろいろ試してみたいと思います。

 

 

Maxを持って1時間ほどいじった後に、サブで使っているiPhone 7を持つと、「あれ?7ってこんなに小さくて軽かったっけ?」と思ってしまいました(笑)