堺の弁護士・中小企業診断士 岸本行正のブログ

大阪府堺市で「堺みくに法律事務所」を経営する弁護士・中小企業診断士の岸本行正のブログです。

中小企業診断士の仕事って?

弁護士は業務独占資格なので、弁護士でない人が弁護士業務をやると、弁護士法違反で処罰されます。

それに対し、中小企業診断士は独占業務がありません。
経営コンサルタントは、中小企業診断士でなくても、誰でもできます。

それだからこそ、中小企業診断士は、決められた範囲の業務がなく、何でもできます。活動の領域が、ものすごく広いわけです。

何もないところに旗を立てて、ここが俺の仕事の領域だ!と宣言してしまえば、そこが自分の仕事のフィールドになります。

実務補習を終えて、やっと中小企業診断士の登録ができることになったので、この資格を活かして、既存の弁護士資格と組み合わせて、自分にしかできない仕事を作っていこうと思っています。

 

そしてさっそく、起業支援の仕事がひとつやってきました。
最初は、とにかく修行したいので、業種を絞らず、依頼があった案件は断らずに何でも受けていこうと思っています。