堺の弁護士・中小企業診断士 岸本行正のブログ

大阪府堺市で「堺みくに法律事務所」を経営する弁護士・中小企業診断士の岸本行正のブログです。

長女の脚の検診

昨日の次女の4か月検診に引き続き、今度は長女の検診です。

長女は、1歳前後(歩き始め)の頃から、極度のO脚になっていました。
最初に診断したときのMRIが残っていますが、明らかに脚が曲がっていると分かるくらいのO脚でした。

ただ、整形外科の医師からすると、こういった乳幼児期のO脚というのはよくある話で、通常、成長するにしたがって自然と治っていくとのことです。

というわけで、長女も経過観察となり、その後、背が伸びるごとに正常になっていきました。
あまり気にしなくても大丈夫みたいですね。