堺の弁護士・中小企業診断士 岸本行正のブログ

大阪府堺市で「堺みくに法律事務所」を経営する弁護士・中小企業診断士の岸本行正のブログです。

値下げされた旧iPhoneを買うのはアリ?ナシ?

特に、ホームボタン派にとっては、8が最後の砦。

k-tai.watch.impress.co.jp

 

64GBと128GBとで価格差が5,000円しかないので、Appleから新品で買いたいなら、128GBがオススメです。

しかし、今あえて2年落ちのiPhone8を買う意味があるか?という疑問があります。

・半年後の来年3月には、ホームボタン付きのiPhone SE2?が出るという情報がある
・今年でiPhone6がサポート対象外とされたので、このままいけば2020年には6sとSE、2021年には7がサポート対象外となる見込み。そうすると、8の製品寿命は2022年までの約3年間。

半年待つだけでSE2?が出て、少なくとも2024年までサポートされると考えたら、もう少し引っ張る価値はあると思います。

というわけで、値下げされた旧iPhoneを買うのは、ナシ!です。