堺の弁護士・中小企業診断士 岸本行正のブログ

大阪府堺市で「堺みくに法律事務所」を経営する弁護士・中小企業診断士の岸本行正のブログです。

復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」を試してみた

EaseUS社より、EaseUS Data Recovery Wizardの有償版をブログレビューのためにご提供いただきました。ありがとうございます。

(こんな辺境の地のブログを見てくださる物好きな方もいるものだ・・・)

jp.easeus.com

このようなレビューは色々と見つけることができるので、他のサイトでやっていないようなことを試してみたいと思います。

 

弁護士ならではの視点

私たちが扱う情報は、漏れてはいけない情報ばかりです。
そのため、HDD等のストレージを廃棄する場合でも、物理的に破壊することや、きちんとローレベルフォーマットをしてから廃棄しておかないと、データを復元されて流出してしまう、なんてこともあります。

なので、復元ソフトで復元できるか?も重要ですが、復元ソフトで復元できないようにきちんとデータ削除できているか?も重要な視点となります。

 

さっそく試してみた

ちょうど長期間使っていなかった8GBのSDカードがあったので、復元を試してみました。PCからではなく、カメラから初期化したカードです。

f:id:ykishimoto:20190729130557p:plain

削除したはずのファイル名が出てきました。

ただ、「lost files」とあるので、ファイル自体の復元はできず、ファイル名の情報だけが出てきたようです。

f:id:ykishimoto:20190729130731p:plain

プレビューしてみると、できませんとなってしまいました。
無理矢理保存して開いてみても・・・

f:id:ykishimoto:20190729130816p:plain

やっぱりね。

 

ちなみに、フリーソフトでも復元ソフトはいくつかあって、代表的なフリー復元ソフトの「DataRecovery」でも試してみたところ、

f:id:ykishimoto:20190729130940p:plain

ファイル名すら判読不能

復元能力では、EaseUS Data Recovery Wizardの方が上でしょう。

 

もうひとつ、ローレベルフォーマットをしてみたらどうなるか?

f:id:ykishimoto:20190729131100p:plain

クイックフォーマットのチェックを外し、完全フォーマットをしてみました。

f:id:ykishimoto:20190729131138p:plain

そうすると、ヒットするファイルはなし。

ローレベルフォーマットまでされてしまうと、復元ソフトでの復元は難しく、ここから先は産業用や軍事用の専門的な(おそらく何百万とする)ソフトでないと無理だと思います。

というわけで、間違って消しちゃった!というレベルの削除ならば、EaseUS Data Recovery Wizardを使えば、ほぼ問題なく復元できる、という結論。

また、ストレージを廃棄するなら、きちんとローレベルフォーマットをしてから廃棄しましょうという結論でした。