堺の弁護士・中小企業診断士 岸本行正のブログ

大阪府堺市で「堺みくに法律事務所」を経営する弁護士・中小企業診断士の岸本行正のブログです。

DeskMini 310を使った事務用PCが完成

先日買ったベアボーンのDeskMini 310を使って、1台組み上げました。
といっても、CPUとメモリとSSDを挿しただけですが。

f:id:ykishimoto:20190415155023j:plain

この小ささ。CPUクーラーが換気扇に見えます。

ベアボーンのネジを外すとマザーが出てくるので、CPUをくっつけ、メモリ2枚をはめ込み、M.2スロットにSSDをネジ止めして、ケースに戻すだけで完成です。
プラモデルよりも簡単。

普通の自作PCだと、ケースの電源ケーブルマザーボードの電源コネクタをつなぐ作業があるのですが、ベアボーンなのでそれもなし。

ミニマリズムをくすぐる筐体です。

f:id:ykishimoto:20190415155456j:plain

手持ちのiPadPro10.5と比較しても、このフットプリント。
どこにでも置けます。

無線LANモジュールを付けて無線接続する方法もあるのですが、この小ささなので、ルーターの近くに置いて有線接続することにしました。
どうせ、電源ケーブルHDMIケーブルは必要になりますしね。

肝心の使用感ですが、UEFIの設定でファンをサイレントモードにすると、ほぼ無音といっていいくらいです。生活音の方が大きい。
また、今のところCeleronでも全く問題ない作業しかしていないこともありますが、事務員さんも不満なく使っていただいているようです。

 

ただ、960EVOはオーバースペックなので、もったいなかったかもしれません。