堺の弁護士・中小企業診断士 岸本行正のブログ

大阪府堺市で「堺みくに法律事務所」を経営する弁護士・中小企業診断士の岸本行正のブログです。

情報処理安全確保支援士試験の勉強の進み具合

午前Ⅰは免除になる*1ため、午前Ⅱ試験からのスタートです。

過去問の演習には、過去問道場を使っています。

www.sc-siken.com

 

平成21年春試験からの10年分の過去問が解説付きで収録されています。
全部で475問。

今は、この475問をひととおり演習したところです。

解いていれば分かりますが、同じ過去問の使い回しが多い。
OP25Bやサイドチャネル攻撃などは、何回出てくるんですかっていうくらい出てきます。

解答の選択肢まで使い回しなので、何度もやっていると自然と覚えてしまって、即答できるようになります。

午前Ⅱ試験をクリアするだけなら、過去問道場をひたすらグルグルするだけでよさそうです。

*1:応用情報技術者試験に合格後、2年間は午前Ⅰが免除になります。