堺の弁護士・中小企業診断士 岸本行正のブログ

大阪府堺市で「堺みくに法律事務所」を経営する弁護士・中小企業診断士の岸本行正のブログです。

受験マンガ「二月の勝者」レビュー

久しぶりに、これは面白い!と思える漫画が出ました。

受験マンガといえば、古くは「ドラゴン桜」でしたが、ドラゴン桜は大学受験。
この「二月の勝者」は、中学受験をテーマにした作品です。

昨日、1巻のリンクを貼ったので、今日は2巻のリンクを。 コミックスは2巻まで出ています。

二月の勝者 ー絶対合格の教室ー 2 (ビッグコミックス)
 

主人公は、中学受験塾に新卒で入社した社員です。
漫画はこの新入社員の視点から見たストーリーになっていますが、実質的な主人公は、塾長として赴任してくる表紙の男性です。

今の中学受験業界のリアルが分かり、これから子どもが小学校・中学校に上がろうとする親にとっては、興味深いテーマです。

私も中学受験をしましたが、超難関校というわけではなかったので、小学6年生が始まってから受験勉強を始め、それなりに勉強したら入れた、という記憶があります。
当時は、そこまで中学受験も過熱してなかったですしね。

私の娘は3歳と0歳なので、まだ幼稚園にも入っていませんが、あっという間に小学生になり、中学受験?どうする?みたいな話になるんでしょうね。

漫画では、塾長はミステリアスな影を帯びたキャラになっており、まだまだ隠されている謎が多そうです。これからの展開が楽しみです。

連載が気になったので、コミックスだけでは足りず、新しくビッグコミックスピリッツを購読するようになってしまいました。

これで、ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、モーニングとビッグコミックスピリッツで5誌です(笑)