堺の弁護士・中小企業診断士 岸本行正のブログ

大阪府堺市で「堺みくに法律事務所」を経営する弁護士・中小企業診断士の岸本行正のブログです。

中小企業診断士2次試験の事例Ⅳ攻略法(アップデート版)

最近やたらブログのアクセス数が増えてるなと思ったら、これを検索して見に来てくださる人が多いようです。

ykishimoto.hatenablog.com

診断士の1次試験が終わって、これから本格的に2次対策!という人が多いと思います。

リクエスト(?)にお応えして、2次対策の2019年版を書きたいと思います。

事例Ⅳの勉強は、やることを3か月で分けよう!

私は、1次試験後の~2次試験までを、3つの期間に分けました。

8月:基礎固め(スピード問題集、集中特訓、合格点突破問題集)
9月:ひたすら演習(簿記1級の問題集、意思決定会計講義ノート
10月:過去問演習(全知識・全ノウハウ)

使った問題集は上の記事で紹介したものだけです。
あれこれと手を広げず、自分で決めたものを完全に解けるようにします。

といっても、簿記1級の問題集と意思決定会計講義ノートは、相当大変ですよ。

基礎固めをしておく意味は、平成30年度で、これまでほとんど出なかったWACCの計算が出たためです。
特に、私たちのような財務会計免除組は、このへん曖昧な人が多いと思うので、「あれ?なんやったっけ?」がないように、1次で問われるレベルの計算はできるようにしておきたいです。

そして、あとは毎日計算やるだけ!毎日ですよ。

飲み会で遅く帰ってきた後なんて最高です。
頭ふらふら状態での事例Ⅳを疑似体験できます。

どんな状態でも、毎日!やりましょう。